ジャズギター、フレーズ練習について考える

ギターの記事いろいろ

こんにちは。

ジャズギターでアドリブの練習をするとき、僕の場合は「フレーズの練習」と「理屈で弾く練習」で分けられると思います。

今回はフレーズ練習について、僕なりの考えをまとめてみたいと思います。

フレーズ練習とは

僕が認識しているフレーズ(リック)練習は、ジャズのフレーズを覚えてアドリブに当てはめていく練習のことです。

ジャズギター を始めた時に買った教則本には「Ⅱ-Ⅴフレーズを覚えて当てはめる」という事が書かれていました。

フレーズをなんとか弾けるようになって、当てはめてみたのですが、「これはアドリブなのか?」と疑問に思った記憶があります。

覚えたフレーズもすぐに忘れてしまい挫折してしまいました。

理屈で弾く練習とは

この言葉が正しいかわかりませんが、ジャズの仕組みやジャズらしさを勉強して弾く練習です。

例えば

コード感を出すためにはコードの構成音を弾く

不安定から安定へ解決の流れ(ドミナント・モーション)があると知る

V7の7度からⅠmaj7の3度にいくと解決感が出る

みたいな感じで、ルールやアイデアを当てはめて弾くという感じです。

フレーズ当てはめ練習で挫折しましたが、こっちの練習で初めてジャズギター が少し進んだ気がしました。

レッスンではフレーズを勧められた

その後、一年ほど通ったジャズギターのレッスンでは、先生からフレーズを当てはめる練習を勧められました。

そこで再びフレーズ練習を開始したのですが、前より覚えやすいと感じました。

理由は

理屈が前より理解できてきたこと

コードトーンや度数がわかるようになったこと

先生が目の前で弾いてくれたフレーズだったこと

などがあるかなと思いました。

フレーズ練習はこうしたらよかった

僕が最初やったⅡ-Ⅴフレーズを当てはめる練習は、一定の条件が満たされないと効果が薄いような気がしました。

大人の脳は丸暗記が苦手らしく、理屈で納得しながら記憶させる方が得意らしいのです。(子供は丸暗記が得意みたいです。)

・フレーズを分析できること、フレーズの意味がわかる事が準備段階としてあると良いのではないかと思いました。

分析するためには、コードトーンやスケールを知っていた方が良いなと思いました。

・感情がある事も大事な気がします。自分が良いなって思えるフレーズなら覚えやすいと思います。

憧れの先生直伝のフレーズはさすがに絶対覚えなくては、となりました。

・なるべく短くする、というのも覚えやすいし、応用が効くので良いと思いました。

Ⅱ-Ⅴフレーズ2小節丸暗記より、1小節や2拍のように短くして覚えたらやりやすかったです。

フレーズ覚えて弾く時、4拍子以外だと拍が合わなくて困った記憶がありました。短くして覚えると変化させやすかったです。

最強の練習は耳コピ

いちばん王道で効果的な練習は耳コピ(トランスクライブ)して譜面にして分析する事なのかな、って思います。

耳も鍛えられるし、演奏のニュアンスも、理屈も覚えるし、フレーズもストックできるし。

デメリットはとにかく大変という事でしょうか。

効果絶大と思っていながら、なかなか続かないんですよね・・・

結論

僕に足りないのは耳コピ!!

お読みいただきありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました